ログイン
カートに商品がありません。

現在の中身:0点

定期購入コース

人気ブランド

はじめてのバッチフラワーレメディ

オルゴナイトとは?

フラワーエッセンス

  • スピリチュアル雑貨

    アロマオイル

    ヘルスケア・スキンケア

    ペットケア

    個人セッション・セミナー

    商品一覧を見る

    詳細内容で探す

    商品コードで探す

    詳細検索


    店長のごあいさつとお店誕生ストーリー

    特集コラム

    ギフトラッピング

    フラワーレメディの卸売販売

    Paid 締め支払対応中

  •  

    トップページ > エアージュの紹介

    エアージュの紹介

    エアージュ

    エアージュとは?

    エアージュとは?

    エアージュの最大の特徴は、美肌作りに必須のビタミンCとビタミンEを結びつけた成分、「EPC」と「CME」が使われていること。これは季節を問わず、すべての肌タイプに効果を発揮する、製薬メーカーが開発した特許成分です。

    ビタミンC、ビタミンEが結び付くと、お肌にどんなメリットをもたらすのでしょうか? 一番の効果は、なんといっても美肌成分の浸透力。ビタミンCとビタミンEは、単体では肌の深部にまで浸透しないため、どんなにローションや乳液をつけても、肝心な成分は肌表面に留まったまま。これらを角質層の奥まで入れるには、お肌に負担をかけるイオン導入やピーリングを同時に行うしかありません。一方、「EPC」と「CME」は、水溶性のビタミンCと脂溶性のビタミンEが一本の糸で繋がり、お互いを引っ張りながら肌の奥へ奥へと浸透していきます。つまり、負担なく、深部まで成分を届けることができるのです。

    そもそも、シワやシミ、タルミ、ニキビといったお肌のトラブルは、角質層の奥で起きているもの。それらを解決するビタミンCとビタミンEは、肌深部に送り込んでいかなければ意味がありません。角質層に潜むダメージに直接働きかける「EPC」と、肌深部で働く「CME」を配合したエアージュだからこそ、一時しのぎに終わらない、内側からみなぎるような美肌を取り戻すことができるのです。

    • ビタミンCとビタミンEを結びつけた特許成分「EPC」が、肌の表面だけではなく角質層まで浸透するため、美肌効果が格段に高い。
    • 肌の深部にまで入り込んだ「CME」がお肌の再生能力を促すので、一時的な潤いではない、肌本来の美しさを取り戻すことができる。
    • 季節や肌質を問わず、多くの肌タイプに効果を発揮する。
    • 製薬メーカーが開発した成分であるため、美肌効果が科学的データに裏付けされている。

      ・「EPC」にはニキビができる元である過酸化脂質を抑える作用があり、ビタミンCとビタミンE単体を混ぜ合わせて塗布するより、約3倍の効果を発揮する。

      ・保湿効果は、他の保湿成分(グリセリンやジプロピレングリコールなど)と比べ、「EPC」のほうが高い。

      ・荒れた肌に「EPC」を塗布すると、「EPC」を塗布しなかった時よりも肌のターンオーバー周期が正常に近づく。

      ・「CME」が皮フ深部に浸透させることができるビタミンCは、ピュアなビタミンCや水溶性のビタミンC誘導体、脂溶性のビタミンC誘導体に比べ約130倍。

    エアージュの誕生ストーリー

    エアージュに配合される美肌成分「EPC」と「CME」が生まれたのは、目薬の研究開発過程でのこと。抗酸化作用や抗炎症作用のあるこの成分を、スキンケアとして使いたいという発想の転換が、エアージュの始まりです。

    最初に生まれたのが、クリームとオイル。10年前の当時、オイルは基礎化粧品としてはまだマイナーな存在でしたが、老化防止に必須のビタミンCとビタミンEが同時に働きかけるこの化粧品は、画期的な商品として注目されました。実際、エアージュ・クレスキトシリーズの開発に携わってきた池畠さんご自身もこのクリームとオイルで、長年悩まされていたニキビを治すことができたといいます。

    「もともと、リフレクソロジーやハーブ、オイルマッサージについて勉強をしていたので、化粧品には興味がありましたが、専門家ではないので、すべてが手探りの状態。自分の肌を実験台に、他社の化粧品とも比較研究し、体当たりで開発にのぞみました。すべては、私自身が感動を覚えたエアージュの良さを伝えたい一心でしたね」と池畠さん。乾燥肌やオイリー肌どちらの肌質でも満足できるテクスチャー作りは、もっとも苦心した点なのだそう。ベストな配合を見つけるまでには、長い時間を要したといいます。

     
    池畠友美子(いけはたゆみこ)
    池畠友美子(いけはたゆみこ)
    [池畠友美子(いけはたゆみこ)史 プロフィール]

    商品の開発段階で、「EPC」と「CME」を配合した化粧品をモニターとして使用し、原料の素晴らしさに魅了される。この商品をもっと多くの女性に知ってほしいと、2003年、エアージュ株式会社の立ち上げから携わり、販売を開始。2007年に、自身が担当して化粧水を開発。一から創る物づくりの大切さを実感した今、エアージュならではの2つの原料にこだわった商品の開発に尽力している。


    店長
    店長の一言アドバイス

    国内外大手化粧品メーカーが取り扱う原材料「EPC」と「CME」の製造元であるエアージュならではの基礎化粧品です。さまざまな効能はすべてデータで証明されているのも、安心材料のひとつです。お手入れは、化粧水、クリーム、オイルの3ステップ。クリームとオイルと混ぜて使うお手入れは、お肌の表面も奥もケアすることができるのでおすすめです。オイルは極めて純度の高い特別なオリーブオイルを使用しているので、紫外線の下でも安心して使えるのも嬉しい点。エアージュは、季節を問わず、すべての肌質に使えますが、これには大きな理由があります。それは、美肌作りは、乾燥肌の表面を潤すことでもオイリー肌の油分を抑えることでもなく、お肌の深層に働きかけ、本来のバランスを取り戻すことが大切という考えがあるから。めざすのは、10年後の美しく健康なお肌。肌を根本から美しくしたいという女性におすすめの商品です。

    よくある質問

    エアージュ化粧品はどのような人にお勧めですか?
    年齢や肌タイプに関係なく、生活環境や紫外線、ストレス、加齢などによるお肌の衰えが気になる方におすすめです。
    どうして2つの商品(CMEオイル・EPCクリーム)を混ぜ合わせて使うとより効果的なのですか?
    お肌の奥にまでビタミンCとビタミンEを届けることが出来るCMEオイルと、お肌の表面でビタミンCとビタミンEが働くEPCクリームを一緒に使う事で、肌の奥と肌の表面を同時にケアする事ができるからです。
    季節に関係なく1年中使えますか?
    はい、一年を通して、季節に関係なくお使い頂けます。エアージュ化粧品は、保湿力の高いオイルとクリームですが、さらっとした使用感ですので、ベタつきを感じることなくお使い頂けます。
    CMEオイルを塗った後、紫外線にあたっても大丈夫ですか?
    CMEオイルの中に含まれるオリーブオイルは、不純物がほとんど含まれていない極めて純度の高い特別なオリーブオイルを使用しています。一般的なオリーブオイルには、不純物が多く含まれています。不純物が含まれているオリーブオイルをお肌 に塗って紫外線にあたると、その不純物が酸化を受けて、お肌のトラブルの原因になります。しかし、CMEオイルは安心してお使い頂けます。
    商品1本で、何ヶ月使用できますか?
    3アイテム全て、朝晩1日2回のご使用で、約2ヶ月間ご使用できる容量となっています。
    敏感肌でも使用できますか?
    敏感肌の方は、皮フに炎症などのダメージを起こしやすい肌質ですが、そのような体質の方にも数多くお使いいただいております。エアージュ クレスキトシリーズには、安心してお使いいただけるだけのデータの裏付けもございます。

    商品ラインナップ

    フラワーエッセンスはホリスティック療法の一つとして広く認知されていますが、効果・効能には個人差があります。予めご了承ください。
    未成年者の飲酒は法律で禁止されています。アルコールベースのフラワーエッセンスのご購入は20才以上の方に限らせていただきます。




    パークフィールド

    フラワーレメディ

    文責者:林 将彦(パークフィールド株式会社 代表)
    記事監修:近藤 英司(代替医療カウンセラー・臨床心理学士)

    Copyright (C) フラワーレメディ All Rights Reserved.